アマチュアトランペッターのつぶやきfromアメリカ

アメリカ在住時に音楽活動経験をした日本人アマチュアトランペッターが、日米の音楽活動を通して見聞きしたことをいろいろ綴ってみます。

マーチの楽しみ方

アメリカ人はマーチ大好き。バンドの演奏会でマーチをやらないことはほとんどない。したがって非常に多くのマーチを練習、演奏する機会に恵まれる。
日本で学生時代に吹奏楽をやっていた時は単調で面白くないと思っていたマーチだが、いろいろやるとそれなりに学びもあるし、楽しみ方も増えてくるものだと思うようになった。

今回はその学びのうち、マーチの演奏、練習でよく使われる用語紹介する。

Strainという言葉。

おそらくマーチに限らない用語であるが、辞書を引くと、曲、旋律、歌などと訳される。
しかし私が練習で耳にするのは、もっと具体的な使われ方である。
平たく言うと。繰り返し記号で囲まれたひとくくり、という感じ。

マーチはご存じのとおり繰り返しが多用される。一曲の中で複数の繰り返し記号があることも珍しくない。そして練習においては、「二つ目のStrainからやって、2カッコ(second ending)に入ります」とか、「最後のStrainをやってD.S.」とかいう風にこの単語が使われるのです。
これ、練習番号や小節番号よりも感覚的に説明できるので、結構便利。

そして、その応用編というか、さらに専門的な用語を紹介する。
Breakup strainという言葉だ。

マーチの典型的な構成では、真ん中に静かなトリオという部分があり、そのメロディーは曲の最後にクライマックスとして力強く再度演奏されるパターンが多いが、トリオとクライマックスの間を「break up」、つまり分断する部分がBreakup Strainである。

トリオをそのまま最後まで繰り返すと、いくら強弱やアーティキュレーションなどでスタイルを変えても、どうしても単調になってしまう。そこで、まったく違う感じの旋律をアクセントとして間にいれたのがBreakup strainである。
違う楽器どうしが掛け合いをしたりして、音楽の流れをいったん断ち切り、トリオの旋律が返ってくる前段階を演出する。

理屈よりも、以下のリンクでいくつか例を聞いてみられるとよい。

まずは超有名な、スーザの「星条旗よ永遠なれ」より。1:38-2:03や2:34-2:58あたりがBreakup strainである。

http://www.youtube.com/watch?v=urPMO-hXp2c

もう一つの例として、同じくスーザの名曲、ワシントンポスト。1:33-1:41や1:55-2:03がbreakup strainに相当する。

http://www.youtube.com/watch?v=mr0CLv1ic9o

アメリカでバンドをやらなければおそらく一生知らなかった用語だと思う。
  1. 2013/11/01(金) 21:34:24|
  2. アメリカネタ
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

Yummy

先日金管アンサンブルの練習中に、最後が少し変わった和音で終わる曲をやった直後、トランペットのBさんが「Yummy.」とつぶやいた。つまり、「おいしい」ということ。英語でも同じような表現するんだなあ。
  1. 2013/10/13(日) 22:37:02|
  2. アメリカネタ
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

バンドの練習では熱くなるアメリカ人

アメリカのバンド練習に参加するようになって驚いたことがある。アメリカ人の方々の感情の出し方である。指揮者が、不快感をあらわにしたり、時にはどなったり。プレーヤーでも、私語をやめない周りの団員たちに対して、「Shut up!!!(うるさい!!!)」と怒鳴りだす人もいる。

ビジネスの場でそいうアメリカ人に遭遇することは、あまり多くない。なくはないが、それはビジネス上極めて良くないことだと認識される。なので、ビジネス交渉の場で時に感情をむき出しにする行動、特に一昔前の日本人にはよく見られたが、そういう行動は感情コントロールの出来ない未熟なビジネスマンとして陰で馬鹿にされるのが関の山である。腹を割っているなどとは思ってもらえないし、ビジネス交渉上の有効な一手段とも認識されない。なので、アメリカ人と接するときは、私は感情のコントロールをかなり意識している。

バンドを始めるまでの私のアメリカ生活はビジネス中心だったので、あまり違う行動パターンをバンドで目の当たりにしたときは、かなり驚かされた。芸術やスポーツに取り組むときは「アリ」なのか、それとも、私のバンド仲間が比較的ご高齢なので世代の問題なのか、私の住んでいるのが比較的田舎なのでお土地柄なのか、おそらくそれらの要因が混ざり合っているのだと思うが、音楽に取り組む真剣さの表れが一番大きいのだと私は思っている。ストレートに見えて意外と本心を見せないアメリカ人の心の底をちょっと垣間見たようで、なんとなく嬉しく、微笑ましくすら思う。
  1. 2013/09/19(木) 22:39:39|
  2. アメリカネタ
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

ガゼボ

アメリカの公園で野外コンサートをするとき、「Gazebo」と呼ばれる場所で演奏することが非常に多い。写真のような、上から見たら八角形の、屋根付きの建造物のことである。「ガッズィーボ」と発音する。

20130622_123154_001.jpg


Gazeboの詳細な解説は以下のサイトなど他にいっぱい書いてあるのでここでは割愛するが、あまり日本では見ないものなので紹介させていただいた。

ガゼボ-Wikipedia
  1. 2013/09/11(水) 21:59:54|
  2. アメリカネタ
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:3

アンサンブル

アメリカのバンドで吹いていると、みんなお互いをよく聞いているな、と感じる。技術レベルは人それぞれ、音大出のうまい人から初心者に毛が生えたような人までばらばらなのに、ほとんどの人が一様に他人の音をよく聞いている。

その証拠に、練習後にいろいろな人から私の演奏に対するコメントをよく言われる。

「結構吹けるな。音楽勉強してたのか?」(さりげに自慢)
「あの曲のデュエットのところ、いつもばっちり二人でハマってるね。」
「しんどい曲を最後までよく吹ききってたな。」
「今日のソロは格別よかったよ。」
「またいつものところ間違えてたな。」
「君の音はBachの音だと思って聞いていたが、楽器見たらやっぱりBachだったな。」(これは元トランペット吹きの人から言われたこと。)

なぜだろう。実は日本でもそうだったのに、若さゆえ自分がアンサンブルをちゃんとできていなかったのか。つまり、私が年を重ねてよりアンサンブルを楽しむようになったからだろうか。

それもあるだろうが、やはり明らかに日本人とは明らかにアンサンブルしようという取り組みが違う気がする。
そう、アンサンブルを楽しもうという気持ちがとても強い。以前も似たようなことを書いたが、みんなで合奏しているのだから、アンサンブルを楽しまなくてどうする、みたいに、そもそもの意義を本能的によくわかっている。
一番奏者の吹き方に、二番以降の奏者はしっかり合わせる。音程、音量、音色、音符の長さや処理、リズム感、テンポ感など、あのeasy goingなアメリカ人たちが、多くのことを結果的にうまく合わせている。

だから、個人的技術レベルのばらつき具合が大きくても、バンド全体の出来は比較的よくなる。ような気がする。
客観的に分析したわけじゃないけど、ここはアメリカ式に、そう思って楽しくできているならそれでいいじゃない、といったん結論としておく。
  1. 2013/07/03(水) 20:17:35|
  2. アメリカネタ
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0
Next page

プロフィール

RYStrp

Author:RYStrp
アメリカ在住経験のある、日本在住の会社員。アマチュアトランペッター。トランペット歴は小学校6年生にはじめて以降、吹奏楽、オーケストラ、金管アンサンブルを経験。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アメリカネタ (20)
私の所属バンド (13)
トランペットネタ (8)
音楽トリビア (7)
聞きに行ったコンサート (1)
未分類 (0)
楽曲 (0)
雑感 (1)

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR