アマチュアトランペッターのつぶやきfromアメリカ

アメリカ在住時に音楽活動経験をした日本人アマチュアトランペッターが、日米の音楽活動を通して見聞きしたことをいろいろ綴ってみます。

金管奏者のスタミナ

金管楽器吹きは、自分の唇を使って演奏するので、運動と同じようにスタミナを消耗しながら演奏する。英語でスタミナといえば、通じるのかもしれないが、周りの友人は「endurance」という言葉を使う。辞書で引くと耐久力、持久力という意味の単語なので、別にびっくりすることではない。が、日本語では通常「体力」とか「スタミナ」とか言っていたので、powerとかstaminaとかenergyなどという単語しか思いつかなかった頭の固い私にはちょっとしたa-ha体験でした。
  1. 2013/11/20(水) 21:46:32|
  2. トランペットネタ
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

ラッパ吹きの性(さが)

私は二つのバンドに所属しているが、そのうち一方のバンドのトランペット吹きは、私以外は60代、70代の高齢者ばかりである。しかし、いつも年齢を感じさせない演奏スタイルに驚嘆させられる。曲の最後のほうのクライマックスで、真ん中のB♭がoptionalでハイB♭でもよいと書かれている時は、どれだけバテていても絶対上にあげる。そしてほぼはずさない。曲の最後の四分音符や八分音符は気合い三倍増しで吹ききる。なんかラッパ吹きだなあ、と妙に納得。
  1. 2013/11/01(金) 20:42:30|
  2. トランペットネタ
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

夏休み終わりました

ここ2か月ほど、ご無沙汰しておりましたが、夏休みも終了ということでぼちぼちブログを再開します。引き続きよろしくお願いいたします。
  1. 2013/09/02(月) 10:22:17|
  2. トランペットネタ
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

ラッパを英語で言うと。。。

日本人のトランペット吹きは、トランペットのことを、愛着を込めて、ラッパと呼ぶ。さて、これに対応する英語はあるのか?完全一致ではないかもしれないが、よく似た言葉がある。さて、みなさん考えてみてください。言われれば、あー、なーんだ、という単語。

答えは、







hornでした。ただし、これは、トランペットだけでなく、金管全体を指すと思われる(推測、かつ未確認)。日常会話で意外と使う。今日、所属バンドの練習の時に、ホームページに載せる個人のプロフィール写真を撮っていて、お前も行って来いとラッパ仲間から声をかけられた。その時に、take your horn with you.つまり、ラッパもってけよ、と言われた。へー、こういう風に使うんだ、と思った。
  1. 2013/05/20(月) 22:32:29|
  2. トランペットネタ
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

我がヒーロー、アドルフ・ハーセス

トランペット吹きとして、この話題は書かずにはいられない。元シカゴ交響楽団首席トランペット奏者、アドルフ・ハーセスが4/13に亡くなって、約二週間が経った。昨年モーリス・アンドレが亡くなった時とほぼ同様に、またひとつの大きな時代が幕を下ろした、と感じた。特にハーセスは、ほとんどソロ活動をせずにオーケストラ奏者として生涯の職を全うされただけに、オーケストラ愛好家としては大きな衝撃だった。

周りのバンドメンバーに話を聞いてみると、反応は様々。正直なところ、思ったより反応は薄かった。特に若い人。バンド(吹奏楽)をやる人は、オーケストラに対する興味が比較的薄いのか?それとも、ハーセスの年齢(91歳で亡くなった)を考えると特に驚きではなかったのか。

しかしやはり、私の周りのおじいちゃんたちは、いろいろ感じるところがあったようだ。私のバンドの指揮者、Jさんと、今週の練習後のメシでハーセスについて話をした。Jさんが覚えているエピソードを一つ教えてもらった。
ハーセスは、若いころに交通事故で唇を大きく損傷する怪我をした。普通のトランペット奏者ならば、奏者生命にかかわる大怪我。ところがハーセスは、数週間でオーケストラに復帰したのだそうだ。ハーセスいわく、唇の使い方がどうこうではない。どういう音楽を奏でようとするか、自身の耳で確認しながら演奏するのが、唇うんぬんよりも大事なのだ、と。いやー、言うのは簡単だが、普通はそんなことできないと思う。

そして、Jさんが言ったことを正確に聞き取れたか自信がないが、Jさんいわく、ハーセスの奥さんは、事故が起こった以前に、万が一に備えてハーセスの歯型をとっていたのだとか。歯型はトランペット奏者にとって大事なもの。歯並びが変われば吹き方も変わる。トランペット奏者として生涯生きて行く夫の大事な歯型をとっておくべき、といって保存されていたものが、この怪我で失った複数の歯を復活させるのに役立ったのだそうである。ちなみに奥さんのAvisさんもトランペット奏者。ハーセスとは高校のバンドでも一緒に吹いていたのだそうだ。

Jさんの昔話は、「ほかにも怪我をした金管奏者の話はいろいろあって・・・」と続いたが、それはまた別の機会に書くことにする。

ハーセス、私のヒーローだった。Thank you very much. Rest in peace.
  1. 2013/04/25(木) 20:56:55|
  2. トランペットネタ
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:4
Next page

プロフィール

RYStrp

Author:RYStrp
アメリカ在住経験のある、日本在住の会社員。アマチュアトランペッター。トランペット歴は小学校6年生にはじめて以降、吹奏楽、オーケストラ、金管アンサンブルを経験。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アメリカネタ (20)
私の所属バンド (13)
トランペットネタ (8)
音楽トリビア (7)
聞きに行ったコンサート (1)
未分類 (0)
楽曲 (0)
雑感 (1)

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR