アマチュアトランペッターのつぶやきfromアメリカ

アメリカ在住時に音楽活動経験をした日本人アマチュアトランペッターが、日米の音楽活動を通して見聞きしたことをいろいろ綴ってみます。

音楽英語あるある

アメリカのバンドの練習に出はじめてまだ間もない。なので、英語ではこういう言い方をするのか!と、あちこちに学びがある。調べれば分かることだらけだと思うが、わざわざ調べる機会もなかなかないし、こうして体験しないと気付かないので、忘れる前にちょこちょこまとめてみる。

・アウフタクト→pick up

・小節→measure

・音程が高い/低い→sharp/flat

・四分の二→two-four(意外と単純に見たままなのね。)

・楽譜係→librarian

・練習・本番→rehearsal, concert

・日本式音名のロ、ドイツ式でいうH(ハー)→B(ビーと発音。ま、アメリカなので当然だが、あーやっぱりと思ったので書いておく。)

・(団体の中で)うまく演奏する→jam
(一緒に演奏する意味の単語ですが、仲間に「お前なかなかよく吹くと評判だぞ」という感じのことを言われたときにjamという言葉を使っていた。)

・パッヘルベル→パッカーベルって感じの発音(パにアクセント)

最後に、私の隣にいつも座っている70才の巨漢のおじいちゃん、Eさんが音楽ジョークを一つ教えてくれた。そのうち「覚えてるか?」と聞かれそうなのでメモしておく。

音楽家にダイエットを教えるならどう教えるか?You've got to be always on the scale! (つねにはかりに乗る・つねにスケールを練習する、のかけことば。。。)

これからおそらくしょっちゅうアメリカンジョークを教えていただけそうな様子になってきた。

Topic:クラシック - Genre:Music

  1. 2013/03/05(火) 00:04:13|
  2. アメリカネタ
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0
<<音楽トリビア、ネタ帳 | HOME | チューニング>>

Comments

Post a comment


Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

Trackbacks URL
http://rystrp.blog.fc2.com/tb.php/11-785f0740
Use trackback on this entry.

プロフィール

RYStrp

Author:RYStrp
アメリカ在住経験のある、日本在住の会社員。アマチュアトランペッター。トランペット歴は小学校6年生にはじめて以降、吹奏楽、オーケストラ、金管アンサンブルを経験。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アメリカネタ (20)
私の所属バンド (13)
トランペットネタ (8)
音楽トリビア (7)
聞きに行ったコンサート (1)
未分類 (0)
楽曲 (0)
雑感 (1)

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR