アマチュアトランペッターのつぶやきfromアメリカ

アメリカ在住時に音楽活動経験をした日本人アマチュアトランペッターが、日米の音楽活動を通して見聞きしたことをいろいろ綴ってみます。

楽器談義

今回はトランペット吹きにしか伝わらないネタだがご容赦。

アメリカ人のバンドメンバーも、当然だが、好きな人は楽器にいろいろこだわりがあり、楽器の話になると食い付きがいい。今日の練習で、トランペットのBさんのC管がふと目に入った。「Bachですね。」と声をかける。Bさんは目を輝かせて話を聞かせてくれた。

Bさんのの楽器は、マウスパイプが25S。私は知らなかったのだが、これはボストン交響楽団の元首席奏者、Schlueterの頭文字をとった番号であるとのこと。私が持っているBachのC管のマウスパイプは25H。シカゴ交響楽団の元首席奏者、言わずと知れたHersethのモデルであるが、25Sはこれに比べて長いマウスパイプで、25Hのよりも音程を改善させるべく、B管と同じ長さのマウスパイプを使っているのだそうだ。

吹かせてもらったが確かに若干コントロールしやすいように感じる。私の楽器を代わりにBさんに吹かせてあげたのだが、吹き心地の比較よりは私の楽器がゴールドプレートであることに目が行き、「おーーー、かっこいいじゃないか!」とすっかり話の方向が変わってしまった。パートトップのWさんのご自慢のゴールドプレートのB管と並べて、「どうだ!」みたいな笑顔でこっちを見て、なんだか嬉しそう。

こういう話って、本当に国籍や言語を超えるなあ。
  1. 2013/03/19(火) 23:31:12|
  2. トランペットネタ
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2
<<アメリカデビュー | HOME | 初めての本番に向けて>>

Comments

やっぱり

ラッパ吹きはこういうネタが大好きですね(笑)
トロンボーンは結構無頓着だったりしますが。
  1. 2013/03/21(木) 22:47:17 |
  2. URL |
  3. よっし~ #KtguOeFk
  4. [ Edit ]

コメントありがとうございます。

よっし~さん、コメントありがとうございます。このブログの初のコメントをいただいて、嬉しいです!
そうですか、トロンボーン奏者はラッパ奏者と比べて本質を見る、ラッパ奏者は型から入る、みたいな感じなんですかね。面白いです。
  1. 2013/03/22(金) 11:05:13 |
  2. URL |
  3. RYStrp #-
  4. [ Edit ]

Post a comment


Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

Trackbacks URL
http://rystrp.blog.fc2.com/tb.php/20-512c0139
Use trackback on this entry.

プロフィール

RYStrp

Author:RYStrp
アメリカ在住経験のある、日本在住の会社員。アマチュアトランペッター。トランペット歴は小学校6年生にはじめて以降、吹奏楽、オーケストラ、金管アンサンブルを経験。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アメリカネタ (20)
私の所属バンド (13)
トランペットネタ (8)
音楽トリビア (7)
聞きに行ったコンサート (1)
未分類 (0)
楽曲 (0)
雑感 (1)

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR