アマチュアトランペッターのつぶやきfromアメリカ

アメリカ在住時に音楽活動経験をした日本人アマチュアトランペッターが、日米の音楽活動を通して見聞きしたことをいろいろ綴ってみます。

アメリカデビュー

今日、アメリカではじめて吹奏楽バンドの演奏会本番に出演した。場所はリタイアメントコミュニティー(高齢者専用居住区域)の中のチャペル。うちのバンドはここで毎年数回演奏会をするらしい。ちなみにお客さんは私が見た限り全員白人。そういう地域である。バンドメンバーを含めてもアジア系の人間は会場に私一人という環境だった。

で、やっぱり演奏会はいい!というのが素直な感想。お客さんの笑顔を見ながら、自分も幸せな気分になれる。

一曲目はアメリカ国歌だった。実は今年のこのバンドの練習で国歌は一回もやっていない。みんな長年吹いているので、当然吹けるということだろうか。私にとっては初見演奏同然だった。失礼があってはいけないので少し緊張したがなんとか吹いた。アメリカのバンドでアメリカ国歌を日本人の私が演奏しているのは不思議な感慨だった。
お客さん、みなさん起立して聴かれていた。さすがアメリカ、愛国が染みついている。この国の愛国のあり方に、日本人としていろいろな意見はあるだろうが、私は単純に、国を愛する気持ちとしては素晴らしいと思う。それと、アメリカの国歌はやはりかっこいい。歌詞は物騒だと私は思うが、メロディーはアメリカ人でなくても愛国の念を抱かせるパワーがある。音楽ってすごいと思うと同時に、だから政治にも利用されてきたんだなーと思った。

今日の目玉は、地元の中学生と高校生のトロンボーン奏者が、それぞれソロ曲とコンチェルトを披露した。若々しく、素直で、素敵な演奏だった。ご両親も会場に来られていて、お子さんとともに立たされて紹介された時の誇らしそうな顔が印象的だった。

演奏会が終わった帰り際、お客さんの数人から、thank youと声をかけられた。この素直でオープンなところ、アメリカ人の大好きなところ。私のアメリカデビューは素敵なコンサートだった。
  1. 2013/03/21(木) 21:31:35|
  2. アメリカネタ
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0
<<アメリカの演奏会本番の服装 | HOME | 楽器談義>>

Comments

Post a comment


Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

Trackbacks URL
http://rystrp.blog.fc2.com/tb.php/21-e1e9c866
Use trackback on this entry.

プロフィール

RYStrp

Author:RYStrp
アメリカ在住経験のある、日本在住の会社員。アマチュアトランペッター。トランペット歴は小学校6年生にはじめて以降、吹奏楽、オーケストラ、金管アンサンブルを経験。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アメリカネタ (20)
私の所属バンド (13)
トランペットネタ (8)
音楽トリビア (7)
聞きに行ったコンサート (1)
未分類 (0)
楽曲 (0)
雑感 (1)

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR