アマチュアトランペッターのつぶやきfromアメリカ

アメリカ在住時に音楽活動経験をした日本人アマチュアトランペッターが、日米の音楽活動を通して見聞きしたことをいろいろ綴ってみます。

音楽英語あるある その2 +α

今日も音楽英語あるあるを少々。

開演;Downbeat. 指揮棒を振りおろす意味。一般的な言い方かわからないが、うちのバンドのプログラムではこう書かれていた。

音程がバッチリ合っている様子;right on! ピッタリ!みたいなニュアンスか。

世界初演;World premiere. 先日トランペットのEさんが編曲したシベリウスのオマージュを演奏した時、こう紹介された。

金管奏者が唇の疲労を抑えるべく体力温存すること;save the lips.

音楽とは関係ないが、(人を)行儀よくさせることを、keep (人) in lineという。あるトランペット吹きから、お前の仕事はEさんを行儀よくさせることだ、と言われた。もちろん冗談であるが。

Eさんとは、いつも私の隣に座っておられる70歳を超える巨漢トランペット吹きで、たびたびこのブログでもネタにさせてもらっている。やんちゃな性格で、よく突飛な発言をなさる。
別のトランペット吹きから「You've got to keep him in line.」と言われた時は、正直なんのことか分からず流してしまったのだが、後で意味を調べて笑ってしまった。ちなみにこれを言われた時にEさんも横に座っておられたのだが、仲間からのそんな冗談などまったく意に介さず、私を指さして「こいつにな、俺のジョークをいつも教えてやってんだよ。」と誇らしげに話していた。
  1. 2013/03/31(日) 14:57:44|
  2. アメリカネタ
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0
<<練習における日米の違い | HOME | クロード・スミス>>

Comments

Post a comment


Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

Trackbacks URL
http://rystrp.blog.fc2.com/tb.php/25-03d15d09
Use trackback on this entry.

プロフィール

RYStrp

Author:RYStrp
アメリカ在住経験のある、日本在住の会社員。アマチュアトランペッター。トランペット歴は小学校6年生にはじめて以降、吹奏楽、オーケストラ、金管アンサンブルを経験。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アメリカネタ (20)
私の所属バンド (13)
トランペットネタ (8)
音楽トリビア (7)
聞きに行ったコンサート (1)
未分類 (0)
楽曲 (0)
雑感 (1)

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR