アマチュアトランペッターのつぶやきfromアメリカ

アメリカ在住時に音楽活動経験をした日本人アマチュアトランペッターが、日米の音楽活動を通して見聞きしたことをいろいろ綴ってみます。

アメリカ音楽とユダヤ

先日、ついにユダヤ教会でのバンドの演奏会をやってきた。冒頭で指揮者が、今日の演目はすべてユダヤの曲、あるいはユダヤ人によって作曲された曲です、とお客さんに説明した。マーラーなど、ユダヤ人の曲があることは認識していたが、全曲がユダヤがらみであることは、当日まで認識してなかった。

そこでへー、と思ったことを二つ記しておく。

ガーシュインユダヤ人だと初めて知った。
彼が作曲したStrike up the Bandというマーチを演奏したのだが、彼がユダヤ人であるという理由で選曲されたとは知らなかった。アメリカ生まれなのでアメリカの定義で言えばアメリカ人だが、ユダヤ人を親に持つのでユダヤ人でもある。ん?ではユダヤ人の定義とは何だ?人種?民族?
ということで、Wikipediaで調べてみると、結構ややこしい。日本語の説明では、ユダヤ人の親を持つ人、あるいはユダヤ教徒をユダヤ人と定義しているが、ユダヤ人を親に持つという定義は、どこまで先祖をさかのぼってもユダヤ人という論理の破綻があり不十分な定義である。英語版を読んでみるともう少し説明がある。つまり、ユダヤの民族集団の中で生まれたもの、ユダヤ国家(現在はイスラエル)の国民、あるいはユダヤ教徒、というこの三つの属性が相関しあってユダヤ人というグループを形成しているらしい。なるほど。。。

God Bless Americaを作曲したアーヴィング・バーリンはユダヤ人。
バーリンは日本人にはさほどなじみのない作曲家だが、アメリカ人にとっては第二の国歌ともいえるこの曲を作った人なので、非常に有名。ちなみにホワイトクリスマスも彼の作曲である。正式な音楽教育を受けていないので、楽譜の読み書きができなかったため、下手なピアノで作曲した曲を演奏し、ほかの人に楽譜を書いてもらっていた。
バーリンがアメリカ人にとってどれだけ重要かを示すエピソードがある。ジェローム・カーンという作曲家が、バーリンについて語った言葉がすごい。
Irving Berlin has no place in American Music. He is American Music.
アメリカ音楽におけるバーリンの居場所はない。なぜなら彼がアメリカ音楽そのものだからだ、という意味である(私の個人的訳だが)。

こういう話を聞くとアメリカ人の懐の広さを感じる。バーリンはアメリカ生まれでない。ロシア生まれである。それでもアメリカ音楽そのものと讃えられている。アメリカに人種差別は根強くあるが、一方で人種や出自に関わりなくすごい人をすごいと言えるところはいい。
これと対比して、日本というまったく成り立ちの違う国について語るのはフェアではないかもしれないが、いつまでも在日××世という方々が、在日というだけでひどい差別を受けるような日本の社会は、もっともっと成熟できる余地があると思う。私は在日じゃないが、在日の友達はいる。韓国人の友達もいる。だから何か?だが。脱線御免。
  1. 2013/04/16(火) 22:04:03|
  2. 音楽トリビア
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0
<<楽譜 | HOME | 初めて経験した鼻からの息漏れ>>

Comments

Post a comment


Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

Trackbacks URL
http://rystrp.blog.fc2.com/tb.php/32-b22b291a
Use trackback on this entry.

プロフィール

RYStrp

Author:RYStrp
アメリカ在住経験のある、日本在住の会社員。アマチュアトランペッター。トランペット歴は小学校6年生にはじめて以降、吹奏楽、オーケストラ、金管アンサンブルを経験。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アメリカネタ (20)
私の所属バンド (13)
トランペットネタ (8)
音楽トリビア (7)
聞きに行ったコンサート (1)
未分類 (0)
楽曲 (0)
雑感 (1)

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR