アマチュアトランペッターのつぶやきfromアメリカ

アメリカ在住時に音楽活動経験をした日本人アマチュアトランペッターが、日米の音楽活動を通して見聞きしたことをいろいろ綴ってみます。

アメリカ人の感覚で考えてみた。音名と階名の使い方

前回の続きです。もう少しつっこんで考えてみました。

アメリカ人と日本人で、なぜ移調譜における音名階名の使い方、感覚が違うのか。

日本人の認識

音名階名を分ける。
音名は主にドイツ式のCDEFGAH。
調性は日本式のハニホヘトイロ。もしくはドイツ式。
そして階名はドレミファソラシ。
ただし、ややこしさを避けるため移調楽器の楽譜であっても、階名はあまり使わない(私見)。実音(音名)で読めて当然、みたいな。

アメリカでは

音名が英米式のCDEFGABで、階名がドレミファソラシ、だと思っていた。が、前回も書いたように、移調楽器の器楽演奏においては、実際はどうも違う。移調楽器の楽譜の読みにおいて、ドレミファソラシはまったく使わない。音名でも階名でも、CDEFGAB。

アメリカ人の気持ちになってみた

・楽譜を見たまま呼んでいるだけである。それがシンプル。
・合唱の場合、楽譜は移調されないが、いちいち♯や♭なんて言ってられないので移動ド(ドレミ)を使う。CDEFGABを階名として使おうとすると、楽譜に書いてあること(=実音)と違ってややこしい。
・移調楽器の場合、楽譜そのものが移調されている。わざわざドレミで言い直す必要がない。CDEFGABで楽譜に書いてある通りに読めばいい。
・ドイツ式なんて問題外。なんで♭の有無だけでBがHになるのかわからない。

日本人とアメリカ人、感覚の違い

アメリカ人は論理的であるという先入観があったので、ちゃんと音名と階名機能的に使い分けているはずと思い込んでいた。なので、すべてCDEFGABで説明しているのを聞いた時はびっくりした。
が、論理的であることよりももっと大事なアメリカ人の特性を思い出して納得した。シンプルイズベスト。見たまま。アメリカ式のCDEFGABだけ使えば事足りる。
これを「合理主義」というと言葉としてはおかしく感じるが、「便利主義」と言い換えると、私が思うアメリカ人の感覚に近いニュアンスになる思う。

実におもしろい。
  1. 2013/06/01(土) 09:18:03|
  2. アメリカネタ
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0
<<アンサンブル | HOME | B♭トランペットの「ド」は何と呼ぶ?>>

Comments

Post a comment


Only the blog author may view the comment.

Trackbacks

Trackbacks URL
http://rystrp.blog.fc2.com/tb.php/38-87b7ad30
Use trackback on this entry.

プロフィール

RYStrp

Author:RYStrp
アメリカ在住経験のある、日本在住の会社員。アマチュアトランペッター。トランペット歴は小学校6年生にはじめて以降、吹奏楽、オーケストラ、金管アンサンブルを経験。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

アメリカネタ (20)
私の所属バンド (13)
トランペットネタ (8)
音楽トリビア (7)
聞きに行ったコンサート (1)
未分類 (0)
楽曲 (0)
雑感 (1)

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR